交通事故

事故の相手方が自分に責任はないと言い張っている…(過失割合)

新車で事故に遭ったが、修理費だけしかもらえないのか…(格落ち損害)

マッサージの施術は治療費として認められるのか…(治療費)

後遺症が残って働けなくなってしまった…(後遺障害)

保険会社の示す金額が妥当か分からない…(保険会社対応)

こんな相談をよくお受けします。

交通事故の被害者は、保険金支払額の基準がよく分からないために、低額な賠償金額での示談を受けてしまうことが多くあります。

この点、当事務所の弁護士は、多くの交通事故事件を手掛けてきた経験がございます。

また、1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP(日本FP協会認定)として保険にも精通しております。


保険会社の依頼による事件処理も多くこなしておりますので、保険会社との交渉も得意としております。

当事務所の弁護士が、交通事故の被害者の方の正当な権利を守り、適正な損害賠償を受けるために、示談交渉・訴訟手続等を代理いたします。

交通事故の被害に遭われた方はすぐにご相談ください。

当事務所では、交通事故の相談は初回無料です。